新郎新婦

準備を含めて約3時間!家族婚が話題になっている

赴きのある結婚式

神前式

神殿の収容人数に注意

京都は、歴史深い神社や仏閣が数多く存在します。そのため、絶好の和婚スポットとして人気を集めています。京都の神社や仏閣で結婚式を挙げる際は、2つ点に注意します。1つめは、神殿や仏殿の収容人数が少ないことです。和婚は、新郎新婦が神様や仏様で誓いを立てます。その立会人は、古くから、親族が中心です。そのため、会場が友人を招待するキャパシティを有していないことがあります。よって、どうしても招待したい友人がいるならば、その人数を絞る必要があります。2つめは、古式ゆかしい和婚会場では、神殿に新郎新婦と血縁関係のない人の入場をお断りしている場合が多々あります。ゆえに、和婚で友人の立会いを望んでいるなら、事前に会場に相談して、その意向を確認しておきます。

パックプランがある場合も

京都で和婚を挙げるにあたっては、挙式会場とホテルのパックプランを利用しましょう。京都は、観光地としても非常に有名です。そのため、新婚旅行を兼ねた結婚式を希望しているカップルも多く存在します。また、遠方から来る新郎新婦は、前泊が必要です。このような事例に合わせて、神社や仏閣によっては、近隣の宿泊施設と提携してパッケージプランを打ち出しています。このパッケージプランを利用すれば、挙式と宿泊の手配が一度に完了します。そのうえ、挙式費用や宿泊費用の割引が適用されるケースもあります。さらに、中程度の規模のホテルや旅館では、披露宴のプランも用意しています。会場の内装や料理は、京都ならではの雰囲気を大切にしているので、和の趣きを十分に味わえます。