新郎新婦

準備を含めて約3時間!家族婚が話題になっている

結婚式を盛り上げる映像

フィルム

ノウハウを押さえておく必要アリ

結婚式に多く利用されるようになっているのが、プロフィールムービーなどの映像媒体です。この手の映像媒体を作成する際には、素材となる写真や画像の編集が必要となります。自分達で作成する場合はもちろん、プロに依頼する時にも押さえておきたいのが映像編集のノウハウです。サイズや仕様が合わないと、映像が上映が出来ないといったトラブルが起こります。結婚式当日に問題が発覚した場合は、挙式の進行を妨げますので特に気を付けることが必要です。映写機器の仕様や、画面サイズなどを確認することで、ほとんどのトラブルは未然に防げます。結婚式直前は様々な雑事に追われることから、映像は早めに準備することが大切です。視聴者の視点で映像をチェックすることも、求められてきます。

音楽と共に画像が流れる仕組み

プロフィールムービーで多くみられるのが、音楽に合わせて映像が流れるスタイルです。ストーリー構成の場合がほとんどであり、ゲストが自然に引き込まれるような内容となっています。新郎新婦や家族、友人の写真が起用されることが多く、ゲストが一緒に楽しめるのが特徴です。風景やイラストなどが適宜盛り込まれます。結婚式の最中は、どうしても多少の待ち時間が発生します。ゲストが退屈を感じる頃合いを見計らって流すと効果的なのが、この手の映像です。オープニングやエンディングを盛り上げるためにも役立ちます。プロに作成を依頼すれば、高度な画像編集も取り入れることが可能です。この場合、ヴィジュアル的にも美しいプロフィールムービーが出来上がります。